まちナビ.jp 公式WEB

宮城県北の情報誌 まちナビの公式ウェブサイトです!

宮城県民共済
宮城県民共済

2019年ラストスパート。健康で普通が一番幸せ。

ぜひみなさんでシェアしてください♬
まちナビの由紀江
由紀江
まちナビ読者の皆さん、今年最後のカレンダーを迎える準備はできていますか?9月、10月の台風の被害に合われた方を思うと普通に年末を迎えることができる自分はなんて恵まれているのかと感謝しながら生活しています。2019年ラストスパート。健康で普通が一番幸せ。「なにかいいコトないかな〜」「あ〜つまんね〜」なんてぼやいてなんていられませんよね!
まちナビの由紀江
由紀江
私の一年は、ドタバタで娘の成人式から、末っ子の高校入試入学高校生活スタート。念願の初孫も生まれ、すくすくと成長する孫とパパ・ママになった長男夫婦の奮闘ぶりを見守りながら、母親の心臓の手術入院!と目まぐるしい毎日でした。4人子供がいる分だけ、幸せも苦労も4倍というところです。高齢の母の手術は、生きると思う大切さと医療の進歩を実感した大きな出来事でした。
まちナビの由紀江
由紀江
なんとか術後の経過もよく、リハビリも頑張り長い入院生活を終えた母には頑張ったで賞を!畑仕事をしながら、母の面会に通った父にもお疲れ様でしたで賞を!娘の私はそんな感じでほっと一息ついたところです。長い夏でした。 同居している弟夫婦、心配していただいた親戚の皆さん、ご近所の方、病院関係者の方にはありがとうございますという感謝の気持ちでいっぱいです。人は自分一人では生きていけない。生きていくためには沢山の人達の助けが必要だということを、あらためて思い知りました。
まちナビの由紀江
由紀江
母が入院し、東京に住む父親のお兄さんが宮城に帰りたいと、娘たち(私の従姉妹達)を困らせるという問題も発生しました。伯父と伯母も自分達が病気であるにも関わらず、お見舞いに行きたいと迫り、東京と宮城に住む従姉妹達と私は頭を悩ませました。そして、秋の訪れとともに伯父夫婦の強い思いが従姉妹達の決心につながり、2人が付添って叔父夫婦は宮城の地を踏むことができました。実家の茶の間に足を入れた途端に泣き崩れ手と手を握る父親たちを見て、従姉妹の2人も私もこれまでの苦労が吹き飛び目頭が熱くなりました。まるでドラマの再会のワンシーンのようでしたね。
まちナビの由紀江
由紀江
さて、これからの子どもたち、孫たちを待つ未来はどんな未来でしょう。日々の生活では悲しいニュース、驚きのニュースに翻弄され、悲しみや喜び、不安や恐怖までも感じる世の中になっていることも実情です。私自身はこの一年で経験したことを今後の生活に役立つような生き方。常に「誠実」であることをスタンスとして生きていこうと思っています。  未来を生きていく子どもたちには、便利な世の中になっても、何かと生きづらいこともあるということを覚悟してほしい。そしてその時自分がどのような行動をするか、どんなことも他人事と思わず、困っている人が目の前にいたら、手を差し伸べる、声をかけることのできる大人になってほしいな、なんて思っています。そのためにも、まずは私達大人がしっかりしないといけませんよね。
まちナビの由紀江
由紀江
まちナビ読者の皆さんも、今年の出来事、来年の意気込みなど、どんどんメッセージをくださいね。読者さんのつぶやきページになっても楽しいですね。
三浦春馬さんの舞台挨拶に目が♥『アイネクライネナハトムジーク』宮城県先行公開記念舞台挨拶に行って来ました。新!由紀江のつぶやき

ぜひみなさんでシェアしてください♬

コメントを残す

フェイスブックIDでコメントできます。

Return Top